原付バイク処分方法HowTo

原付バイク処分方法HowTo:原付バイクの処分にまつわるあれこれ

原付バイクは手軽に乗れるので、いざ処分しようと思ったときに登録書類が見つからなかったり、どこに手続きに行けばいいのか迷うことが多いようです。

 

気軽に友達に貸したり借りたままになっていて処分できないということもあるようです。

 

原付買取PRO:お任せください!全国どこでもすぐに無料で伺います!

 

私もいつも乗りますが、原付バイクはなんと言ってもその作りや制限速度からして、長い間大きい道路を走っていたら周りの迷惑になる乗り物なので、原付バイクが原付らしく30キロ圏内で走れる道を知っておくことが肝心!

 

私の近くは田舎道なのでうねった一本道が多くて意外と走りやすいんです。

 

それでよく乗るんです。

 

とにかく大きい道路にはあまり近づかない!仕方なく通っても脇道あったらすぐ入る!

 

ダンプも多いから…

 

横の細いレーンは原付や自転車の為にはひいておらず、警察が言うにはあくまでも車の道路幅をきちんと確保する為の白線なので、あったりなかったり太かったり細かったりして、原付が走ってもいいけど危ない、ほとんど車のことで作ってあるからと言ってました。

 

 

だから白線があったのに急に無くなったりいろいろあるので、とにかく自分専用の原付バイクのロードマップを作っておくことです。

 

ここにはすぐ信号が来るとか、この橋は車専用レーンだとか、標識が見えにくい箇所も多いし、あの道だと手前の細い道を入らないといけないとか、仕方なく大きい道に入ってしまい、片道2車線だったら右折は必ず2段階右折、道路では一番他の車の影響を受ける乗り物なんだから気をつけて、後ろに道を譲りながら走ろうとか、たくさん気を使う乗り物ではあります。

 

とにかく長い間広い道をずっと走るのはやめた方がいいと思います。30キロで走る乗り物だから。

 

意外と夜は車が少ないため、道を走る練習をするのには夜が向いています。

私は20年位毎日、原付バイクに乗っているんですが、今乗っているバイクの前に乗っていたバイクは、馬力もありすごく使いやすかったです。

 

そして、昨年新しく原付バイクを買ったんですが、以前のバイクよりコンパクトになっており、なかなか乗り心地は悪くないです。

 

しかし、以前のバイクより馬力が遅くなっているような感じがします。その点においては、以前のバイクに比べて、そんなに問題にしていません。

 

ただひとつどうしても、気になるところがあります。どこかと言えば、コンパクトにするのは別に悪くないのですが、座席の下のヘルメットとかを入れるメットインの部分が、以前と比べると、結構小さくなっている事です。

 

A4サイズの本とかファイルが入らないなっています。以前のバイクでは、いろんなものを積み込む事が出来ましたが、今のバイクは、少し荷物を入れても入りきならない状態です。

 

僕だけが、不自由に感じているのかなーと思っていたのですが、街を走っているバイクを見ると、後ろに荷物を入れるためのボックスを付けて走っているバイクをよく見かけます。

 

ですから、他の方も僕みたいに感じている人も多いのではないかと思います。コンパクトにするのは良いのですが、ユーザーの事も少し考えて改良していって欲しいです。